集団予防接種の注射器使い回しを放置した国の責任が問われている全国B型肝炎訴訟のうち、発症から20年以上が過ぎ、損害賠償の請求権が消滅する「除斥期間」を理由に救済が認められなかった原告1人と国が28日…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加