一定の年齢を超えたら定期受診したいのが、がん検診と骨粗しょう症検査。40歳からは「がん年齢」といわれ、50歳以上は女性を中心に骨粗しょう症のリスクが高まるとされています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加