衆院TPP特別委で答弁する安倍首相(右)=18日午前

 環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案を審議する衆院TPP特別委員会は18日、安倍晋三首相と関係閣僚らが出席して前日に続いて質疑を実施した。野党側は、TPPによる農業などへの悪影響や、輸入米を巡る不透明な取引問題を追及したが、政府側は問題ないとの考えを崩さず、議論は平行線だった。

 野党民進党の佐々木隆博氏は与党側が採決を急ぐ姿勢を批判し、国民への説明が足りないと指摘した。政府がTPPによる利点ばかり強調しているとした上で「日本の内側の経済をどう循環させるかの議論が置き去りになっている」とも主張した。

 これに対し、安倍首相は「輸出競争力が上がることで、国内産業の空洞化を防ぎ雇用を確保できる」と反論し、デフレ脱却と経済成長にTPPが必要と改めて強調した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加