■廃炉後にらみ九電と協議へ 東松浦郡玄海町の岸本英雄町長は10日、九州電力玄海原発内に貯蔵されている使用済み核燃料について、町独自で課税する新税を2017年度にも創設する考えを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加