鶴か、電気か-。オグロヅルの越冬地になっているヒマラヤ山脈の小国ブータン。毎年260羽以上の鶴がフォフジカ谷で過ごすが、電気を引こうとしたときに鶴の生息地を通る送電線が問題になった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加