■鏝絵からにじむ美意識 福島家の鏝絵(こてえ)は主屋南面の2階の戸袋に描かれています。鏝絵はしっくい細工ともいわれ、石灰にふのりを混ぜ、しっくいといわれる壁用材で図案や絵画を表現したもの。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加