消防職員初任科第60期生の卒業式が18日、佐賀市兵庫町の県消防学校であった。式の前には家族らが見守る中、集大成として転落救助や消火活動の査閲があり、半年間の厳しい訓練の成果を見せた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加