福岡と唐津を結ぶJR筑肥線で新型列車の運行が始まった。木材のフローリングというデザインもいいが、ドアの開閉がボタン式となり、各駅停車の度に全開とならず、寒さが解消された点は、乗客目線でうれしい改善だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加