佐賀県は19日、診断書を偽造して病気休暇を申請し、62日間欠勤したとして、県土整備部下水道課の御舩真稔技師(23)を懲戒免職にしたと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加