九州電力の瓜生道明社長は30日、玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の早期再稼働に向けて、10月8日から新規制基準の審査に対応する人員を本店のある福岡市に集中させる考えを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加