唐津市の坂井俊之市長は12日の市議会一般質問で、立地自治体並みの原子力安全協定締結を求める質問に対し、「準立地自治体として40年間積み上げ、九州電力と一対一の協定締結にたどりついた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加