17世紀後半、ヨーロッパでなぜ有田焼が人気を博したのか-。九州国立博物館で開かれた有田焼の国際シンポジウムで、アムステルダム国立美術館学芸員の研究報告を興味深く聴いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加