フィジー共和国の青年スポーツ省のアリソン・バーチェル事務次官ら幹部3人が18日、東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンになっている佐賀県を訪れ、山口祥義知事と会談した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加