沖縄防衛局が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向けた海底ボーリング調査を再開した。沖縄県で多数を占める移設反対の声を無視した強行策で、政府と沖縄県の対立は先鋭化するばかりだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加