地域振興や福祉、原発、オスプレイ… 佐賀県の新総合計画づくりの参考にするため、山口祥義知事が県民と膝を交えて「生の声」を聞く意見交換会が12日夜の唐津市を皮切りにスタートした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加