■最後尾から全力仕掛け 「負けてもいいから自分で仕掛ける」。そう心に決めて挑んだ。6人で競う自転車少年男子ケイリン決勝で、龍谷高の坂田康季が後方からかまして4位。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加