九州電力の山元春義副社長は13日、玄海原発が立地する東松浦郡玄海町の岸本英雄町長と面会し、近く老朽化した玄海1号機の廃炉を正式決定し、岸本町長に説明する意向を伝えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加