掘り起こされた現代史の闇に背筋が寒くなる。冷戦下の1962年秋、沖縄に配備された核ミサイルが、誤った命令で発射される寸前になった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加