北海道電力、関西電力、四国電力、九州電力の4社は19日、原発の安全性向上のため技術的な協力を進める協定を締結した。4社が保有する原発は全て加圧水型軽水炉(PWR)という種類で、ノウハウや関連情報を共有する。

 具体的には、原発の安全対策の検討や、運転管理での海外事例の研究などで協力。世界で開発が進む次世代の原発技術を共同で調査する。これまで各社が独自で行ってきた作業を共同で実施することで効率化する。

 PWRを持つ日本原子力発電が希望すれば、加えることを検討する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加