◆幼稚園からランニングク

憧れはボルト選手

 相知小6年の山下智矢君は「相知ランニングクラブ」の部員です。小中学生30人が週4回、相知交流文化センター周辺で、宮崎聡さんの指導で短距離や長距離走の練習に励んでいます。

 お兄ちゃんの影響で幼稚園の時から参加しました。クラブ内で一番長く続けています。日々、1秒でもタイムを縮めようと努力しています。4年生の時に地区のロードレースで入賞してメダルをもらった時は、とてもうれしかったそうです。

 同級生のライバルたちとも切磋琢磨(せっさたくま)、妹さんも一緒に頑張っています。将来の夢は警察官か消防士。憧れはボルト選手で、体育、ブドウが大好きです。はにかんだ笑顔で教えてくれました。(地域リポーター・田代惠美子=唐津市相知町)

このエントリーをはてなブックマークに追加