テーマ展に合わせた「唐津焼シンポジウム」が16日、県立名護屋城博物館で開かれ、陶芸家や茶人が古唐津の魅力を語り合った。 400年以上前に作られた古唐津は骨董(こっとう)の世界で高い評価を受ける。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加