太平洋戦争当時、世界最大級といわれた戦艦「武蔵」。約70年の時を経て、南洋フィリピン近海の海底に眠る姿が映し出された。全長263メートルの巨艦の主砲は口径46センチ。射程距離約4万1千メートル。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加