集団予防接種の注射器使い回しを放置した国の責任が問われている全国B型肝炎訴訟で、九州訴訟の原告のうち佐賀県の2人を含む67人が16日、福岡地裁(永井裕之裁判長)で国と和解した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加