頂点に立った県大会ではバッテリーの安定感が光った。エース左腕の中ら投手陣を女房役の山名が巧みにリードした。打線は武岡台との準決勝、鹿児島実との決勝でともに決勝打を放ち、好機に強い主砲の尾堂や徳田が中心。守備で連係ミスが目立ち、失点に結び付く場面もあっただけに3季ぶりの九州大会までに修正できるかが課題だ。

1遊 出 口

2右 徳 田

3一 武 下

4三 尾 堂

5二 宇 部

6中 松 江

7左 新 村

8投  中 

9捕 山 名

 【監督】 

 湯田  太

このエントリーをはてなブックマークに追加