九州電力の瓜生道明社長は18日午後、佐賀県の坂井浩毅副知事と県庁で会談。玄海原発1号機の廃炉決定について「運転継続には相当量の対策が必要で投資が回収できない」と理由を説明した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加