県大会の準決勝で都城商に3-2でサヨナラ勝ちし、1947年創部以来初の九州大会出場を決めた。手堅い守備から攻撃につなげるチーム。球の切れと制球力がある1年生左腕の工藤、力強い球を投げる左腕の馬原の継投で試合を組み立てる。攻撃の軸は主将の岡崎。変化球への対応力を発揮し、波がある打線を引っ張りたい。

1三 佐藤智

2投 馬 原

3中 平川祥

4捕 岡 崎

5二 佐 伯

6右 内 倉

7一 工 藤

8遊 飯干馬

9左 平川聖

 【監督】 

 戸高 裕貴

このエントリーをはてなブックマークに追加