■旅館主の苦悩 玄海原子力発電所から歩いて20分。漁港に面した民宿に夕刻、作業服の男たちが帰ってきた。それぞれ原発で働く常連。廊下では「お疲れさまです」「おたくはきょうから?」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加