右腕の市原良と左腕の太田の二枚看板は打たせて取る投球が持ち味で、堅守からリズムをつくる。大分舞鶴との準々決勝では0-0の九回に2点を奪って6季ぶりの九州大会出場を確定させ、大分西との準決勝では1点差で逃げ切り、接戦をものにした。決勝では明豊に敗れたが、4番に福岡が座る打線は勝負強さと集中力が光る。

1右 木 下

2中 吉 野

3遊 田 中

4一 福 岡

5捕 市原光

6投 太 田

7二 坂 本

8左 市原良

9三 大 神

 【監督】 

 阿部 知巳

このエントリーをはてなブックマークに追加