レギュラーメンバーの半分以上が1年生の若いチーム。県大会では打撃がやや不振だったが、準決勝の東海大熊本星翔戦で三回に一挙6点を奪う集中打を見せた。決勝の秀岳館戦では力負けしたが、9安打で3点を奪って伸びしろを感じさせた。安田監督は「甲子園投手を打てたのは収穫」と手応えを得て、4季ぶりの九州大会に臨む。

1遊  綾 

2中 嵯峨根

3一 井手尾

4右 八木田

5二 平 野

6三 小 田

7捕 丸 山

8左 田 上

9投 山 口

 【監督】 

 安田 健吾

このエントリーをはてなブックマークに追加