九州電力など電力4社が、運転開始から40年以上たって老朽化した原発5基の廃炉を正式決定した。東京電力福島第1原発事故後、原発の運転期間を原則40年とする「40年ルール」で廃炉が決まったのは初めて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加