■県内自治体「安全第一で作業を」■「再稼働も」地元は注文 玄海原発1号機(東松浦郡玄海町)の廃炉決定を受け、九州電力は18日、半径30キロの緊急防護措置区域(UPZ)圏内の自治体を報告に回った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加