■児童を保護者のもとへ 伊万里市の黒川小(鴻上哲也校長、153人)は20日、玄海原子力発電所(玄海町)の大規模事故を想定し、児童を各家庭へ安全に引き渡すまでの手順を訓練した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加