県大会では準決勝で佐世保工に延長十四回サヨナラ勝ちと底力を発揮し、決勝で長崎東から大量14得点と打線が爆発した。広角に打ち分ける強打者の大塚を中心に、各打者がバットを短く持った鋭いスイングで粘り強い打撃を心掛ける。失策が6試合でわずか1と安定した守備も誇る。投手陣は前比嘉を軸に平岩、中村との継投で乗り切る。

1左 長 浜

2右 寺 平

3三 倉 重

4中 大 塚

5一 村 口

6捕 前 田

7遊 岡 田

8投 前比嘉

9二 田久保

【監督】 

 金城 孝夫

このエントリーをはてなブックマークに追加