県や国、陸上自衛隊など63機関・団体でつくる佐賀県防災会議(山口祥義会長)は18日、原子力災害発生時の自衛隊への災害派遣要請を、現行より早い段階でできるよう県地域防災計画を見直した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加