県大会では国東との準々決勝で九回2死から3点差をひっくり返すサヨナラ勝ちで九州大会進出を果たした。エースで4番の瀬山が投打の大黒柱。緩急を付けて打ち取るタイプの投手で、スライダーやカーブなど変化球が多彩だ。杵築との準決勝では1-2で敗れたが、最近習得したナックルボールで相手打線を苦しめた。

1遊 笠 木

2二 大 倉

3右 藤 川

4投 瀬 山

5左 神 崎

6捕 杉 山

7中 穴 井

8一  角 

9三 大久保

 【監督】 

 藤沢 賢二

このエントリーをはてなブックマークに追加