■佐賀北

 機動力を生かした粘り強い攻撃と多彩な投手陣の好投がかみ合い、8季ぶり16度目の九州大会出場を決めた。5試合で6失策と課題の守備を克服して、初の選抜大会出場を果たしたい。

 投手陣の中心は今夏背番号1を背負った中島拓。130キロ台の直球に変化球を織り交ぜた、打たせて取る投球が持ち味。準決勝でリリーフ、決勝で先発した小野は物おじしない。右横手投げの高垣も控え、今夏マスクをかぶった捕手赤峰がそれぞれの強みを引き出す。中堅高岸、右翼原田らの堅守は心強い。

 打線は、佐賀大会では打率3割6分9厘と活発だった。左右に打ち分ける1番野田の出塁を足掛かりに、長打力のある3番原田、4番古川の一打で得点したい。試合展開に応じて、スクイズなど足を使った攻撃を仕掛ける。

 「投手を中心に3点以内に抑え、少ない好機をものにできるかが鍵」と百崎敏克監督。先輩たちが築いた、伝統の最後まであきらめない粘り強い野球を受け継ぎ、大舞台を目指す。

部長 下山 勝也

監督 百崎 敏克

 投 中島 拓朗 2 三 根 159 54

 捕 赤峰 魁賢 2 城 南 173 67

 一 兵動 拳士 2 二日市 174 78

 二 野田 洸希 2 浜 玉 165 68

 三 古川 航輝 2 昭 栄 182 91

 遊 小野 佑月 1 白 石 165 56

 左 大坪 謙太 2 牛 津 168 60

 中 松江 一平 1 西 渓 168 60

 右 原田 悠介 2 三 隈 161 62

◎  大串 郁人 2 大 和 175 68

   高垣 勇希 2 千代田 175 74

   岡村  響 1 城 西 163 67

   鬼丸  遥 1 有 田 167 59

   中島  航 2 厳 木 166 60

   高岸 仁哉 1 大 和 170 60

   千速 誉大 2 大 和 176 62

   白水 健盛 2 鳥 栖 169 67

   赤木 政哉 2 大 浦 163 55

   前田  昴 2 佐大附属169 62

   香月慎之介 1 城 南 172 62

2回戦  6-2 龍谷

3回戦  14-4 唐津東

   (六回コールド)

準々決勝 5-1 鳥栖

準決勝  6-5 佐賀学園

決勝   10-6 佐賀商

このエントリーをはてなブックマークに追加