佐賀工高建築科の3年生が17日、JR小城駅周辺を再現した150分の1サイズの模型を小城市に寄贈した。卒業制作で約11カ月かけて作ったもので、市は周辺整備が終わった同駅構内での展示を計画している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加