9(8)をキルト生地と裏地に分けて引き伸ばし、両端を1cm分の縫いしろを取って縫う。 この時どちらかの裏地部分に「返し口」として10cmほど縫わない部分をつくっておく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加