自殺対策での弁護士の役割を考えるシンポジウム(佐賀県弁護士会など主催)が23日、佐賀市で開かれた。九州の弁護士ら約350人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加