山田洋次監督の映画「家族」(1970年)は、長崎県伊王島に住む親子が、閉山間近の炭鉱を追われ、北海道の農場に向かう物語である◆倍賞千恵子と井川比佐志の夫婦と子どもたち、そして父親の笠智衆の一家が列島…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加