連合佐賀など県内の労働団体でつくる県労働者福祉協議会(労福協・相川司理事長)は22日、格差貧困社会の是正や高齢者見守り活動の推進など9項目の要望書を佐賀県に提出し、来年度予算への反映を求めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加