太平洋戦争さなかの1942(昭和17)年、武器製造のために供出された嬉野市塩田町の寺院の釣り鐘が戦後70年の節目に復活する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加