環境問題について考える特別授業が20日、鳥栖市の麓小(高尾研吾校長)であった。3年生97人が、県産業廃棄物協会青年部会(楢田将悟部会長)のメンバー22人から、ごみ減量化やリサイクルの大切さを学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加