九州電力は19日、太陽光発電に関する国の制度見直しで、発電量が需要を上回った場合に発電を抑制できる期間を時間単位で細かく試算した結果、買い取り量が大幅に増えるとの見通しを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加