■作業に30年見えぬ経済効果 「とうとう廃炉が決まったのか」-。18日午後7時ごろ、農作業を終えて帰宅した玄海町の青木一さん(77)は、玄海原発1号機の廃炉を伝えるテレビニュースに見入った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加