チームメートに肩車され、1位指名を喜ぶ濵口遥大投手=神奈川県横浜市の神奈川大横浜キャンパス

創価大・池田隆英投手

九産大九産高・梅野雄吾投手

■楽天2位に池田(唐津市出身)

 ヤクルト3位に梅野(佐賀市出身)

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が20日、東京都内で開かれ、神奈川大の濵口遥大(はまぐちはるひろ)投手(21)=三養基郡基山町出身=が、横浜DeNAベイスターズに1位指名を受けた。

 濵口投手は173センチ、80キロ。若基小、基山中を経て三養基高に進み、3年の春の県大会でベスト8に進出した。神奈川大に進学後は、151キロの速球を武器に全日本大学選手権準優勝に貢献。大学日本代表にも3年連続で選出されている。

 同大でドラフト会議の中継を見守った濵口投手は、DeNAの指名を受けると古川祐一監督やチームメートとがっちり握手。「先発で毎年2桁勝てる投手になりたい」と抱負を語った。

 県関係ではこのほか、創価大の池田隆英(たかひで)投手(22)=唐津市出身=が東北楽天ゴールデンイーグルスに2位、九産大九産高の梅野雄吾(ゆうご)投手(17)=佐賀市出身=が東京ヤクルトスワローズに3位で指名された。

※佐賀新聞電子ビューア(http://www.saga-s.co.jp/viewer/plan.html)に動画

【関連記事】
ドラフト注目株 濵口遥大投手(神奈川大、基山町出身)
ドラフト注目株 池田隆英投手(創価大、唐津市出身)
ドラフト注目株 梅野雄吾投手(九産大九産高、佐賀市出身)

このエントリーをはてなブックマークに追加