2016天皇杯・鳥栖-C大阪 後半、選手に指示を出すサガン鳥栖のフィッカデンティ監督=9月22日、鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督が、来季も続投する意向であることが20日、関係者への取材で明らかになった。

 同監督は、イタリア出身で2014年にJ1FC東京の監督に就任。昨季は同チームで4位の好成績を収めた。今季、鳥栖の監督に就くと、第1ステージは15位と低迷したが、チームに徹底した戦術浸透を図り、第2ステージは一時首位争いをするまでに盛り返した。

 チーム関係者によると、「監督は今季をベースに上積みして来季は優勝を目指し、サガン鳥栖の成長に貢献したいと話している」という。

このエントリーをはてなブックマークに追加