上峰町前牟田地区の県重要無形民俗文化財「米多(めた)浮立」が24、25日、同地区の老松神社などで奉納される。今年は浮立を象徴する三日月型の巨大な「天衝(てんつき)」を約20年ぶりに修理、新調した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加