仲間やスタッフ、そしてサポーターの思いを右足に込めて振り抜いた。FW水沼の今季7ゴール目は、チームを残留に導く値千金の決勝弾。水沼は「ワンツーからシュートというイメージ通り。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加