6季ぶり2度目の九州大会に挑んだ神埼清明は、鹿児島の第4代表・大島に0-3。佐賀大会で見せた「粘り強く相手に食らいつく野球」で1勝を狙ったが、課題だった打線が最後まで振るわなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加